2015年9月4日金曜日

月曜日から選挙結果の報告です



選挙戦が終わり、月曜日から皆様に結果の報告で選挙戦同様に忙しくしています。 お陰様で、3期目も頑張ることができます。
早速、支持者の方が近づいてきて、「おめでとう」の声をいただくとともに、生活相談も寄せられています。



2015年8月29日土曜日

秦野市議会選挙 選挙戦終わりました


 秦野市議会選挙は今日をもって選挙戦が終わりました。 目いっぱい皆様に政策の訴えをさせていただくことができました。 後援会会員の皆さん、支援者・支持者の皆さんの力を感じています。
 
 秦野市は、後ろに丹沢を控え、南に行けば海へも近い、本当に良いところです。この選挙期間中、自分の作戦区ではありますが、市内を南から北・西へ走り、そのことを改めて感じました。この素晴らしい環境をどうやって子どもたちに残していくのか。
 また、いろいろな方と話す機会があり、本当に”戦争は許してはいけない”という気持ちの方が多くおられることに、後押しをされる気持ちです。さらに、アベノミクスでは暮らしは良くならないと訴えてきましたが、物価は上がる、税金は上がる、国保税・介護保険料は上がる、何でも上がる一方で、年金収入は下がる、これでは私たちの暮らしは良くならない。安倍内閣は、庶民の懐を温めるという発想に立つことができない。そんなことを実感し、秦野市でも地域経済を活性化することを考える重要性を感じます。
 地方自治体の役割は第一に住民の福祉を増進することです。私は、秦野市が安倍内閣の暴政から市民のくらし・福祉・教育・みどりを守るだけでなく、独自の力で育てていくよう、皆様と頑張って行きたいと思います。
 

今日8月29日は秦野市議選 選挙戦最終日だ!

今日は、この選挙戦、最終日になりました。
定数が減らされる、その中で34人が立候補した大激戦。 複雑な状況の中で、一日を残してまだ安心とは言えない状況。
皆さんの支持を今日一日でどれだけ広げきることができるか。
さあ、最後の力を振り絞って、ばんばろう。


2015年8月27日木曜日

秦野市議選 選挙戦もあと2日



 今日は、昼からとても暑い一日となりました。 午前中は涼しかったので、窓を開けている方もきっと話を聞いて下さったと思います。 街頭での演説もチームでばっちり。 「頑張って」と声をかけてくださる方、玄関や庭先から出てきて手を振って下さる方、演説を遠くから聞いていただく方、いろいろな方が支持を表わしてくれます。本当にうれしい。 今日は他候補と良く出会う日でもありました。
 そういえば、小中学生も良く見ましたが、来週1日からは新学期が始まるということでした。
 この子たちに良いものを残してあげたい。その一つはもちろん”平和”。平和だから豊かさを感じることができる。そして、大切なものは自由。今、相対的貧困が問題になる中、子どもたちが貧困から自由になり、未来へ向けて学ぶ権利を保障してあげたい。世界第3位の経済大国で貧困があるのはおかしなことだ。
 秦野でできることは、中学校までの医療費の無料化、そして、中学校の学校給食の実現。あと二日しかない。頑張るぞー。
 
 


8月25日の街頭演説の録画できました! 


雨の中、岡村共栄弁護士、井坂しんや県会議員団長、つゆき順三候補とともに秦野駅北口で訴えました。

2015年8月26日水曜日

秦野駅北口で街頭演説会(8月25日)



 昨日、秦野駅北口で街頭演説会を開催しました。 冷たく感じる雨の中、100名の方が熱心に耳を傾けていただきました。また、帰宅途中の方にも訴えが届いたと思います。本当にありがとうございます。
 応援弁士は弁護士の岡村共栄さん、日本共産党県会議員団長の井坂しんやさん。 つゆき候補と私は主に市政について訴えました。
 岡村さんは、憲法違反の戦争法制を許さないとの強い訴え。絶対にこの戦争法案を許せば、日本は立憲主義を投げ捨ててしまう。先日の自民党の若い議員が戦争反対の声を利己的と批判したことはまさに戦前の姿を彷彿とさせる。井坂さんは、国ー県ー市のつながりで市民の要求を実現していくのは共産党。県全体で、米軍基地、中学校給食のこと、進めていく中で、秦野市での2議席確保は絶対大切との訴え。本当に、現有議席を減らすわけにはいきません。
 つゆき候補は、無駄遣いを止めさせ、市民要求を実現する市政への転換と、平和を推し進める議会への転換を。 私は、市民の皆さんとともに要求を実現することの大切さを訴えました。
 3日間の遊説を終えて、話せばよく分かってもらえるとの実感を得ています。しかし、要求実現活動を進めるためにも、まずはこの選挙戦に勝たねば。あとひとまわり大きな支援が必要です。
 今日も頑張ります。

2015年8月24日月曜日

子どもたちのためにも頑張るぞ!


 




 今日は選挙戦2日目、演説を始めようとしたら子どもが駆け寄ってきました。 一生懸命聞いてくれるので、私も区切りごとに子供向けに解説をしました。 戦争の準備をしようとしている総理大臣のこと、そのことに対して反対している人たちがいろいろな形で訴えていることなど。
 
お母さんとママ友の3人が一緒にお話を聞いてくれましたが、訊くと子どもは小学校2年生!しっかりしていたのでびっくり。
  
面白いことに、その子は他の候補者の話も聞いていたとのことで、その中でも私の話が分かりやすかったとお褒めの言葉もいただきました。 

ともかく、この子たちのためにも戦争法案阻止のため頑張らねばと改めて思った次第です。